佐渡から帰ってきましたー!暑かった!

そんな佐渡での話。



佐渡に住んでいる姉(3姉)は絵本が大好きなんですが、そんな3姉に相当怖いという絵本を教えてもらいました。




悪い本 (怪談えほん1)/岩崎書店
¥1,575
Amazon.co.jp


ちょうつがい きいきい (怪談えほん5)/岩崎書店
¥1,575
Amazon.co.jp


いるの いないの (怪談えほん3)/岩崎書店
¥1,575
Amazon.co.jp

(このシリーズ他にもあるんだね…)


これらの本、絵も怖いし話も怖い。大人でもほんとに怖い。作者が京極夏彦だったり宮部みゆきだったり、子供相手に本気出しすぎだろうと。


ヒカに怖い本あるよーと言ったら見る見る~とやってきたんですが



空色日和

空色日和


空色日和

空色日和


ヒカ、ちら見しただけでギブアップ。


最初のと二番目のはまだ絵本として怖いけど(多分)三番目はほんとただのリアル怖い話です。

子供トラウマになるって絶対。


どこかで見る機会があったら是非見てみてください。ほんと怖いから!

地獄 と同じく、家にあると怖いのでw誰かから見せてもらう事をお勧めします。



そんなおすすめ?絵本紹介でした。



佐渡での話とか言いながら佐渡全く関係ないっていう。



一日一回クリックしていただけると元気が出ます。

$空色日和

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村